妊娠2人目、実家に帰って出産した方がいいの?経験して分かったメリット・デメリット

実家が遠方で、妊娠してどうしようかと思う事の1つに

里帰り出産した方がいいのか?

今住んでいる所で出産した方がいいか?

考えると思います。

特に2人目だと上の子の事も考えないといけません。

私は2人目妊娠時、2歳の上の子を連れて里帰り出産しました。

その中で気づいたメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

実家に帰って出産したメリット

・実親なので甘えられる

家事や上の子の面倒を素直にお願いできる。やはりそれにつきます。

妊娠したらお腹の赤ちゃんのために、無理をしたらいけないと分かっていても

上の子がまだ小さいと、色々と手がかかってしまい

どうしてもお母さんは無理しちゃいますよね⁉

私は切迫早産になり、医者に安静にするようにと

診断を受けていたので、実家にお世話になる事で安静にできました。

また産後は体力も落ち、赤ちゃんのお世話で疲れるので、本当に助かりました。

・子供の成長を感じられる

普段、子供とお母さんが一緒にいる時間が長いので、お母さんは子供が何を言っているか理解できるが

おじいちゃん、おばあちゃんには伝わらない事が多いです。

そのため子供は、一生懸命伝えようと話し、言葉がはっきりしてきます。

またおじいちゃん、おばあちゃんと生活することで

親とは違う人からしつけをうけ、新しい一面をみることができました。

・両親とゆっくり過ごせる

電話で頻繁に連絡はしていても、実際顔をあわせて話すのはやっぱり違います。

たわいのない話や親の若い時の話、どのように子育てしていたかゆっくり話すことができました。

意外と両親の知らないこと事が多く、とても新鮮でした。

また両親の老いも現実的に感じ、兄弟で今後の話もじっくりできました。

実家に帰って出産したデメリット

・保育園を休ませないといけない

保育園を休んでいる間も保育料が発生します。

またお友達ともしばらく会えないし、行事にも参加できません。

たまに「保育園に行きたい。先生に会いたい」と聞くと子供には申し訳なく思いました。

・妊婦検診の補助券が一部使用できない

妊婦検診の補助券が一部使用できなかったので、実費で支払いました。

後日、自治体へ申請すれば受診料は戻ってきますが

里帰りを考えているなら、その分のお金を準備しないといけません。

・体重が増えやすい、落ちにくい

家事・育児を任せているので、妊娠時は体重が増え、産後体重が落ちにくいです。

・出生届などの申請がすぐできない

申請に行くと確認のため、待たされます。

また遠方だと、書類の郵送に数日必要なので、出産後早めに申請に行ったほうがいいですよ。

・両親とケンカすることもあります

子育ての違いや生活スタイルも違うのでケンカすることもあります。

 

里帰り出産にはメリット・デメリットありますが

私は体力・精神的にも里帰り出産してメリットの方が多くよかったと思っています。

人それぞれ状況や環境が違うと思いますが

お母さんは出産という大仕事を成し遂げるため

両親が里帰り出産をウェルカムなら、甘えていいと思います。

子どもたちに最高の居場所づくりを

スポンサーリンク