鼻水が面白い様にとれる、大人も使える電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

「小さい子供は鼻水が出ているのは普通のこと」と周囲の人々の話を聞き、「そうなんだぁ」と思っていたけれど、3歳になる私の娘は違います。

娘から鼻水が出ていると体調不良のしるしです。鼻水が出て数日後、必ず高熱がでます。

ひどい時は熱性けいれんにもなり、救急車で何度も運ばれています。



鼻水を上手にかめないと、中耳炎、結膜炎、気管支炎などを合併するリスクが高まるとの事なので

娘に頑張って鼻水をかましているけど、かんだ後もグズグズしていてスッキリしません。

赤ちゃんの時から使っている口で吸うタイプの鼻すい器「ママ鼻水トッテ」で鼻水を吸い取ろうとすると、

私の吸い方が下手なのか全力で嫌がります。3歳児の力はものすごく強く、大人2人で押さえつけて吸い取っていました。

[amazonjs asin=”B000CCJJO4″ locale=”JP” title=”丹平製薬 ママ鼻水トッテ (0歳から対象) 耳鼻科の先生が考案した、お口で吸うタイプの鼻すい器”]

もう少しラクに鼻水がとれたら…と思い色々探していたところ電動鼻水吸引器 メルシーポットをネットでみつけたので

「値段は高いけど、これで娘が体調不良にならないのであれば買った方がいい」と、主人を説得して購入しました。

スポンサーリンク

中身は


・吸引器本体、

・専用ACアダプター

・吸引チューブ

・チューブストッパー(ベビちゃんクリップ)

・ノズルコネクター

・シリコンノズル2個

・取扱説明書

・添付文書

取扱説明書は活字が多く、読むのが嫌になりますが、こちらに付属されている

(はじめての鼻水吸引マニュアル」は、全ページカラーでかわいいイラストで説明されていて、とてもわかりやすいです。

思っていたより小さくて軽いです。iPhone6+と並べてみました。

幅約235mm×奥行き約90mm×高さ約160mm(突起部含まず)

 


セッティングで一度、チューブにコネクターをつなげてシリコンノズルを装着するのですが、シリコンノズルの向きを間違えたり、

吸引された鼻水がたまるボトルとボトルカバーの装着がきちんとできていなかった事はありますが、数回使うと慣れてきます。

 

使用感

初めて娘の鼻水を吸引するときは、やはり嫌がりました…

主人に抑えてもらい吸引しました。

購入して初めて吸引したとき、思ったよりとれなくて買って失敗したかな⁉と思いました。

(娘も吸引時大暴れしていたのもありますが)

 

柔道の寝技をするように押さえつけ、無理やり鼻水を吸い取るのはお互いストレスがたまるので

試行錯誤して今は娘と一緒にメルシーポットをセッティングして、娘本人に吸引をしてもらい

仕上げ磨きではなく仕上げ吸引を私がしています。

ねばねば鼻水も面白い様にとれます。

吸引した鼻水を見るのが娘と私の楽しみにもなっています。

(汚くてごめんなさい)

 

4カ月の娘にも使用していますが、3歳の娘のように嫌がることなく鼻水を吸わせてくれます。

小さい鼻に大量の鼻水が出てくるのに驚きました。

今ではアレルギー性鼻炎の私も一緒に使っています。

購入して1カ月ですが、まだ病院には行っていません。効果はあるみたいです。

何より寝ているとき鼻づまりが苦しそうだったのがなくなっているので、購入してよかったです。

デメリット

・値段が高いところです。気軽に買える金額ではないですね。

・1日一回、洗浄した後、乾燥させるのに、場所をとる事です。

洗面台に置いていますが、少し邪魔です。

・鼻水を吸った後のチューブに少し水が残っていて、置くときに気を付けないと水が少しこぼれてしまう事です。

 

デメリットはありますが、手動では十分に鼻水が吸えないので、メルシーポットで子供たちの鼻水を吸い取るとスッキリしています。

また操作も楽なので、保護者も気軽に鼻水を吸い取ってあげることができます。

今のところ病院へ行く回数も減っているので、その手間を考えると、メルシーポットの値段はお高いですが値段以上の価値があります。

子供の鼻水で悩んでいて病院へ行く回数が多い方、一度検討してみて下さい。

[amazonjs asin=”B07B4V64L3″ locale=”JP” title=”NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503″]

スポンサーリンク